不動産投資のメリットとデメリット

不動産投資とは、マンションやアパートを購入して資産運用で収入を増やせる投資です。
最近では特に人気の投資となっています。
大きなメリットとして、毎月安定的に収入が見込める点になります。
入居してくれる人がいれば、退去するまで収入を得ることができます。
あまり人がいない田舎なども、再開発など何らかの理由により住んでくる人が増加して活気を帯びてくると、その土地の地価も上昇します。
そうなると売却するときに高い収入を得ることができます。
不動産投資は資産を大きく増やしたい人にとっては魅力ある投資です。
一方でデメリットもあります。
いつまでも入居者が入らずに空室のままですと収入は勿論入りませんし、その時期が長く続くと損が大きくなります。
さらに、建物は地震や火災などの大きな災害でいつ損害を被るのかもわかりません。
対策としては、マンションの保険に入ったり、耐震や耐火構造のマンションを選ぶことで損害を軽減できます。
どんなマンションを購入するかの選択によってもリスクを軽減することが可能です。